発作が怖い心筋梗塞|更年期障害の症状を知ることから始めることが大切

更年期障害の症状を知ることから始めることが大切

医師

発作が怖い心筋梗塞

ドクター

心筋梗塞は冠動脈が硬化してしまうことによって引き起こされる発作です。冠動脈が動脈硬化を起こしてしまうことで発生する発作です。心臓突然死の割合で最も長いのがこの心筋梗塞だと言われています。動脈硬化を引き起こした場合、血管が詰まって胸が締め付けられる痛みに襲われるというのが主な症状ですが、この発作の際に心身細動を引き起こしてしまうケースが高いので適切な処置を行なわなければなりません。発作を起こしている場合の対処方法として適切なのは、出来る限り締め付けがない方が良いのでボタンなどを外して服をゆるめましょう。また、発作の際には発作を起こした方が最も楽な姿勢をとらせるようにしましょう。吐き気などがある場合は水を与えず、無理に履かせるような行為をお行なってはいけません。また、心肺停止状態の場合は救急車が到着するまで救急蘇生法を行ないましょう。

このような心筋梗塞になってしまう危険な要因としては高血圧や脂質異常症、喫煙習慣などのある生活習慣に乱れのある方が多いので思い当たる点がある場合は病院で検査を行なっておきましょう。また、生活習慣だけでなく、仕事を頑張りすぎる責任感が強い方や短気な性格の方の場合などは心筋梗塞に陥ってしまう可能性があるので注意しましょう。ストレスなどを溜め込みやすい方の場合心筋梗塞の発作を引き起こしてしまう可能性が高いので注意する必要があります。定期検診などで血管の動脈硬化がみつかる場合なども多いので検査を受けられる時にしっかりと受けて早めに治療が受けられれば発作を起こさないで過ごすことも可能です。