早期発見が大切|更年期障害の症状を知ることから始めることが大切

更年期障害の症状を知ることから始めることが大切

医師

早期発見が大切

看護師

卵巣がんとは卵巣で発生したがんのことを指します。卵巣は女性だけの持つ臓器であるため、卵巣がんが発病してしまうのは女性だけという事になります。卵巣に発生する可能性のあるがんとしっかり向き合うためにも卵巣とがんについて学んでいきましょう。

卵巣は女性の下半身にある2センチから3センチほどの臓器です。卵巣では卵子を生成して卵管と呼ばれる卵子運ぶための管から子宮に卵子を送るための器官と繋がっています。思春期になると卵巣が成熟した卵子を毎月1つ子宮に送り出すように働きかけます。この卵子が精子と1つになると子どもを授かるため、子どもを授かるためには必要な臓器の1つとして知られています。ですが、卵巣の働きは卵子を生成して子宮に送るだけではありません。卵巣では女性ホルモンを分泌する役割もあります。女性ホルモンは女性の精神安定と体調に大きく関わってくるホルモンなので心と身体の健康のために重要な役割を持っている器官なのです。その卵巣ががんになってしまうと大きな問題を抱えてしまう事になります。がんは全体的に初期症状がわかりづらいため早期発見が難しいとされる病気の1つです。卵巣がんの場合、初期症状として現れる症状は腹部の膨満感や腹部の周囲サイズの変化、骨盤や腹部部分に痛みが現れる。食欲不振やすぐ満腹を感じるなどの症状が現れてきます。他にもトイレが近い、逆に排尿が困難になってしまうパターンもあります。このような症状が現れている場合は卵巣がんである可能性が高いので専門の医院でしっかりと検査を行なう必要があります。